ハゼの昆布〆

私の大好きな昆布〆、ハゼで作りました。まずは大型ハゼを釣らないと…今回は2匹で作ります。私の昆布〆は色々研究してきたけど、我流のやり方は紹介します。決してこれが「一番おいしい」や「正しい」作り方ではありません。

 ハゼを普通に三枚におろしておく。

 皮をひいておく。これはちょっと難しい。

 両面パラパラ塩ふって冷蔵庫に入れておく。

 切り身がしまる間に昆布を戻す酢を用意します。黒糖を一つまみに酢をかけます。酢は市販に色々あるけど、僕は安い米酢を使います。塩は使わない。

 昆布は安い真昆布を使います。河岸で大型パックで買うのでこれぐらいは何十円。幅が広いので作業は楽だし、びっくりする値段の日高などは逆に香りが強すぎる。

 さき作った酢で昆布を戻す。酢をつけすぎないのがコツ。

 魚を冷蔵庫からとりだしてさっさと酢で塩と水を洗い流してキッチンペーパーでふいて昆布に並べておく。昆布を半分に織る。

 昆布を上下にラップしてバットに入れる。

 もう一枚のバットを上にして強くおさえて冷蔵庫に入れる。

 切り身が薄いので数時間で出来上がり。個人的に味の強い方が好きですが、ちょっとだけ香りをつけるなら、30分でできます。

 身が透き通ってあめ色になっています。これを握り鮨にすれば最高でしょう。今回は薄作りにします。

 盛り付けで出来上がり。味つけはゆず、生からすみ、自家製の梅肉。美味しかったです。

Advertisements

2 responses to “ハゼの昆布〆

  1. Adamさん

    すごくおいしそうですねー。よだれが出ます。これはちょっとやってみたい料理です・・・。
    ハゼはマイボートでは釣りに行ったことないけれど、ちょっとやってみようかな。中までワイワイ楽しそう。

  2. Shinさん、
    こんにちは!
    味の方は、食べないと言葉にできない...お酒好きな人には最高ですよ。
    こだわる人はあそこのハゼをあらいにして食べています。
    うちはハゼの他にシロギスやマコガレイでも昆布〆作っています、よく合います。
    ではでは

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s